投稿画面よりH1テキストを設定してください。

脇の黒ずみをなんとかしたい!

カミソリで脇の自己処理を続けてきた人に多い悩みが、脇の皮膚が黒ずんできたというもの。

ムダ毛を処理しても、皮膚が黒ずんでいるためにきれいな脇になれないようです。

 

今回は、脇の黒ずみについてご紹介します。

 

脇が黒ずむ原因は?

脇が黒ずむ原因の主なものは、腋毛の自己処理

 

きれいな脇にするために行う自己処理が、脇を黒くする原因になってしまうのは悲しいことですね。

 

カミソリで剃ると、毛だけでなく皮膚の表面も一緒に削り取ってダメージを与えてしまいます。

皮膚がダメージを受けると、体を守ろうとする自己防衛本能が働き、黒ずみの原因となる

メラニン色素を活発化させます。

 

のメラニン色素が皮膚に増えることで、色素沈着し、皮膚が黒ずんでしまうのです。

 

自己処理をすると、毛穴にもダメージを与えます。

 

毛穴がダメージを受けて炎症すると、皮脂や老廃物をうまく排出できなくなり、

毛穴がつまってしまいます。

 

その結果、毛穴が汚れ、黒ずんで見えるようになります。

 

ダメージを受けたお肌は、バリア機能が低下して、ターンオーバーが乱れてしまうことも

影響しています。

 

脇の黒ずみ防ぐためには

一番いいのは腋毛の自己処理をやめることですが、腋毛を生やしっぱなしにするのは

抵抗がありますね。

 

ですので、自己処理をする時には、できるだけお肌にダメージを与えないようにしましょう。

 

特に毛抜きで抜くのは、皮膚への負担が大きいのでやめた方がいいでしょう。

 

またカミソリを使用する時には、シェーピングクリームなどでしっかりと保護してから

優しく剃ってください。逆剃りは厳禁です。

 

自己処理をした後には、保湿も忘れないようにしてくださいね。

 

ちなみに、自己処理を減らすためにも、脱毛サロンで脱毛するのがおすすめです。

毛量が減って自己処理の負担が減るため、お肌にダメージを与えることも減りますよ。

 

できてしまった脇の黒ずみはどうすればいい?

腋毛の自己処理をしなくなることで、お肌のダメージが減ってターンオーバーが整い、

黒ずみが少しずつ薄くなっていくこともありますが、これには個人差があるようです。

 

腋の黒ずみ用コスメも販売されているので、試してみるのもいいですね。

 

美容皮膚科や美容整形外科では、脇の黒ずみに対して、内服薬や塗り薬、

レーザー治療などを行っています。

 

脱毛サロンで脱毛した後しばらくたっても治らない場合、美容皮膚科や美容整形外科を

受診してみるのもいいかもしれません。

 

 

脇の黒ずみについてご紹介させていただきました。

 

一度できた脇の黒ずみを消すには時間がかかるので、

脇の黒ずみができないようにすることが大切ですよ。