ワキ脱毛 制汗剤 ニオイ対策

ワキ脱毛中は制汗剤使用NG?ニオイ対策の方法は?

脱毛施術を受けている期間中は、あまり制汗剤を使わない方がいいという話があります。

 

確かに、ワキ脱毛をしている期間中に制汗剤で刺激を与えてしまうと、

肌荒れやその他のトラブルが起こりそうですね。

 

ここでは、脱毛の施術期間中の制汗剤の使用について、詳しくお話しします。

 

脱毛前は制汗剤を使っちゃダメ?

制汗剤は、スプレーしたり塗るだけで瞬時に汗を抑えてくれるスグレモノですね。

ワキ汗やニオイ対策には欠かせないアイテムです。

 

しかし、それだけの効果を発揮するのですから、それなりに肌には負担を与えているのです。

 

制汗剤には効果が高い収れん成分やニオイ消し成分、汗をサラサラにするパウダーなどが

含まれています。

それによって汗や汗のニオイを抑えるのです。

 

ですから、肌というより毛穴への負担が強く、脱毛施術前に使うと

肌や毛穴がデリケートな状態で脱毛することになるので大変です。

 

また、毛穴にパウダーが詰まっているため、脱毛効果にも影響が出ます。

 

必ずしも肌トラブルになるとは限りませんが、脱毛施術の前日や当日は

制汗剤を使わない方がいいと言われています。

 

脱毛サロンでもワキ脱毛の時に制汗剤についての注意を促されます。

ほとんどの場合、ワキ脱毛の施術当日や前日の制汗剤の使用は禁止されています。

 

施術後は制汗剤を使ってもいいの?

脱毛施術後も、実は制汗剤を使わない方がいいのです。

 

ワキ脱毛をすると、ワキ毛が減り汗ジミが気になってくるので、

余計に制汗剤を使いたくなるのですが・・・

 

先ほどもお話したように制汗剤は肌や毛穴にかなりのダメージを与えます。

 

脱毛施術では、光によって肌や毛穴にダメージを与えているので・・・

制汗剤の刺激まで加わると肌荒れや炎症が起こります。

 

特に、脱毛施術後は肌の表面が熱くなっていて毛穴が開いている状態なので、

そこに制汗剤の成分が入るとさらに炎症を起こしやすくなります。

 

残念ですが、脱毛施術した当日や次の日くらいまでは、制汗剤を使わないことです。

脱毛サロンからも注意をされますので、忠実に従いましょうね。

 

脱毛の施術期間中の制汗剤以外のニオイ対策方法

脱毛施術の前後に制汗剤が使えないとなると・・・夏は特にニオイ対策に困りますね。

 

でも、大丈夫。

制汗剤の他にワキのニオイを抑える方法はあります。

 

脱毛施術前後の数日間だけなら、次のような方法でなんとかニオイ対策できますよ!

 

○汗をちゃんと拭き取る

ワキからニオイが発生するのは、汗が空気中に触れることで雑菌が繁殖するからです。

 

雑菌が繁殖するまでには時間がかかるので、汗をこまめに拭けばニオイを防ぐことができます。

 

○リンパ節を冷やして汗を抑える

汗を拭いても吹き出てしまう時は、リンパ筋を保冷剤や冷たいタオルなどで冷やしましょう。

 

リンパ筋を冷やすと汗が引くので、ニオイ発生率も下がります。

 

リンパ筋は、首の後ろ側やワキの下にあります。

特にワキの汗を抑えたい場合は、ワキの下を冷やすのがおすすめです。

 

いかがでしたか?

 

ワキ脱毛の施術前後は、ワキの下の肌荒れや炎症、

脱毛効果の低下を避けるために、制汗剤は使わないようにしましょう。