脱毛サロン 無料体験 勧誘

脱毛サロンの無料体験に行くと勧誘される?

ひと昔前の脱毛サロンでは、しつこい勧誘があって当たり前でした。

それから比べると、今はまだ勧誘は減りましたが、全くないわけではありません。

 

手口を変えて、勧誘してくるケースもあるので、利用者側も対応力を持たなければいけませんね。

料金を支払ったのに、勧誘のせいで通えなくなるケースもあるので気をつけましょう。

 

ここでは、脱毛サロンの無料体験などて、しつこい勧誘にあった時の対策方法をご紹介します。

 

体験時、カウンセリング時に予防線をはろう!

勧誘ではなく、おすすめや紹介のつもりで、キャンペーンや追加でのプラン申し込みを勧めてくることがあります。

 

特に、無料体験では、これから契約を検討している利用者ばかりなので、勧誘される率がすごく高いのです。

 

お得感を前面に出すことで、追加でのプラン申し込みを成立したなどの成功例もたくさんあります。

 

隙があると、どこからでも入ってくるのが脱毛サロンの勧誘だと思っておくくらいでちょうどいいです。

 

ですから、「今はいいです。」などの断り文句を決めて、何度も言うことでガードを固くしておくことです。

 

契約を急かすような脱毛サロンは、勧誘色がすごく強いので、今後の契約の有無も考えた方がいいかもしれませんね。

 

 

聞く姿勢を持ちすぎるのも問題です。

 

先ほども言ったように、入れる隙があればどこからでも入ってくると思っておいていいでしょう。

 

無料体験の中で、コースの内容を説明されるときに、あまりにも素直に聞く姿勢を持ってしまうと、なんでも勧めてこられて断りにくくなるので気をつけましょう。

 

ちなみに誤解を与えないように付け加えると、ご自身の中で、ここの部分が魅力的なので、もっと詳しく聞きたいなど、事前に詳細を聞きたいという姿勢で臨み、それで納得できたなら、もちろん契約してもいいでしょう。

 

契約後にも勧誘があるの?

無料体験だけではなく、契約後にも勧誘が続くこともあります。

 

今契約中のコースに加えて、まだ他にもコースや部位をオプションさせようと、いろいろなサービス内容を紹介してこられることも多いです。

 

特に施術後の着替えの時や帰るときに勧誘されることが多いので、「用事があるから帰らなければいけない。」などと言って早く帰るようにすれば大丈夫です。

 

あとは、「今の契約以外の部位は考えていない。」などとはっきり断ることです。

 

かなりしつこい勧誘にあったらどうする?

かなりしつこく勧誘されても、圧倒されて「考えておきます。」や「お金が厳しいので。」などの断り方はしないようにしましょう。

 

きっぱりと「お断りします。」とか「興味がありません。」と言った方が効果的です。

 

「考えておきます。」というと、変に希望を持たせてしまうことになります。

だから、まだ勧誘できそうだと判断されてしまうわけですね。

 

「お金が厳しいので。」というと、ローンを組ませようとする脱毛サロンもあります。

 

つまり、どれだけしつこく勧誘されても、きっぱりと断り続けることが大事です。