毛を剃る 毛深くなる

毛を剃っていると段々と毛深くなってしまう?

ムダ毛をカミソリで剃るというのは
多くの人がやってるムダ毛処理です。

 

なぜなら、一番手っ取り早いからですね。

 

でも、これを続けたら、段々と毛深くなってくるって

聞いたことありませんか?

 

じゃあ、それって本当なのでしょうか?

もしそうなら、産毛もあまり剃らない方が良いのでしょうか?

 

毛の成長度合いはある程度決まっています

一つ言えることは、あなたの年齢がどのくらいか?

によって答えが変わってきます。

 

もし10代や20代前半であれば、

まだ毛が成長したり、新しく毛が生えてくる時期です。

 

つまり、ムダ毛が増えてくる時期ということですね。

 

一方、20代後半となってくると、

ほとんどのムダ毛が出そろうため、

あとは同じところから毛が生えては抜ける

というのを繰り返すことになります。

 

もちろん、これは個人差や季節も関係しますので

一概には言えない部分もあります。

 

しかし、もしまだムダ毛が成長段階なのであれば、

カミソリで剃る、剃らないにかかわらず、

産毛が少しずつ濃くなっていくことを感じるでしょう。

 

これが、カミソリで剃ると濃くなると

勘違いしてしまう理由の1つです。

 

実際は濃くなっていないけど毛が太くなることも

また、カミソリで剃ると、毛の根元に近いところで

バサッと切る感じになりますよね。

 

毛は根元に近づくほど太いですから、

そこで切られた状態のまま成長すると、

当然毛先は前より太くなります。

 

でも、毛自体は太くなっていません。

 

つまり、毛先だけが太くなったので

毛深くなったと感じる

というのも理由の1つなんです。

 

肌を守る機能が働くと毛は強くなることも

じゃあ、カミソリで剃っても実際に毛深くなることと

関係はないんだねと思うかもしれませんが、

そうとも言い切れない部分もあります。

 

それは、毛は肌を守るために存在している

という仕組みから見ると分かります。

 

特にムダ毛を目立たせたくないので、

力を入れてカミソリで剃ったとします。

 

こうしてしまうと、どうしても肌にもダメージを

与えてしまいますよね?

 

すると、肌はバリア機能を働かせないといけない

と判断して、時には周りの毛を太くしようとするんです。

 

ですから、なるべくなら、サッと流れるように

剃ることを心がけることをお勧めします。

 

まとめ

・あなたがまだ20代前半以下であれば、

ムダ毛が成長している時期である可能性があるため、

剃る、剃らないにかかわらず毛深くなったと

思ってしまうことがあります

 

・毛を剃るのは、毛の根元付近でカットするので、

その毛が成長するとどうしても前より毛先が太い

ムダ毛となってしまいます。

 

これが、毛が濃くなったと感じる理由です

 

・カミソリで肌にダメージを与え続けると、

本当にムダ毛が濃くなることもあります