脱毛 当日 生理

脱毛する日はなぜ生理だとダメなんですか?

脱毛する日に、生理中であることを理由に脱毛をキャンセル、

もしくは延期しなくてはならない場面に出くわすことがあります。

 

VIO部分なら脱毛を断られる理由が容易に想像がつくのですが、

他の部分も脱毛出来ないのはなぜなのでしょうか?

 

 

生理期間中のお肌は、体内のホルモンバランスの変化により

普段以上に敏感な状態になっています。

 

普段ならさほど感じないちょっとした刺激にも、過敏に反応してしまうのが、

ホルモンバランスの乱れる生理中の期間なのです。

 

 

月経周期は平均28日前後で繰り返され、生理の始まる約一週間前の「黄体期」と

呼ばれる時期には、美肌や女性らしいボディラインを作り上げるホルモン

「エストロゲン」に代わり、女性の体を妊娠準備に持っていく「プロゲステロン」

というホルモンが優勢になります。

 

 

プロゲステロンが増えると、皮脂の分泌が増えてニキビが出来やすくなったり、

肌が乾燥し始めたりと、様々な肌トラブルを感じるようになります。

 

それに伴い、肌のバリア機能が低下するため、

 

この時期の脱毛は痛みだけではなく最悪、肌荒れやけど火傷を

引き起こしてしまう危険性もあることから、多くのサロンでは生理中の脱毛を

お断りしているのです。

 

「生理だと言わなければわからないのでは?」と考える人も中にはいますが、

人によっては生理中は一時的に体毛が濃くなることもあり、

せっかく脱毛に行っても効果を得られない可能性があります。

 

せっかくお金を払って受ける施術も、十分な効果が感じられなくなってしまっては、

なんだか損した気分になってしまいますよね。

 

肌の状態という理由以外で脱毛できないワケとは?

ホルモンバランスの乱れから来る肌のコンディションの理由の他にも、

衛生面での問題も、生理中の脱毛が受けられない原因としてあげられます。

 

 

サロンは多くの人が来店する場所ですから、生理中に経血が診察台などに

付着してしまえば、もちろん衛生的に好ましくありません。

 

脱毛に行って、他の知らない人の血が付着していたら、誰も良い気分にはなりませんよね。

 

 

生理期間中の脱毛対応については、サロンの対応は大きく2つに別れます。

 

どちらも共通して「VIO部分の生理期間中の脱毛は不可」ですが、

一部のサロンでは「VIO以外の部位なら生理中でも受け付けている」ところもあります。

 

 

既に通われていらっしゃるのなら、直接生理中の脱毛対応に関して

伺ってみるのが良いでしょう。

 

生理は毎月の事ですので、せっかく取れた脱毛の予約も突然の生理のせいで変更、

もしくはキャンセルしなくてはならないことが誰にでもあり得ます。

 

生理が毎月規則正しく来ている人であれば比較的予定は立てやすいのですが、

生理不順の人にとっては予定が立てづらく厄介ですよね。

 

脱毛は2〜3ヶ月おきに1度ずつ行われますので、なかなか先の生理が

予測のつかない場合は困りものです。

 

 

サロンによりますが、5日以内のキャンセルであれば脱毛が出来なくても

1回分消化されるところや、消化される代わりにキャンセル料が発生するところなど、

ルールがそれぞれ異なります。

 

ですから、脱毛サロンを探す際には、こういった決まり事もしっかり確認してから

決められると良いでしょう。