脱毛 お酒 飲む 注意

脱毛した日はお酒は控えたほうがいい?

脱毛時の飲酒はNG

サロン等で脱毛の契約をする際に、脱毛日前後にお酒を飲んではいけないと

説明される事があります。それはなぜなのでしょうか?

 

 

お酒を飲むと、体中がポカポカと温まってきたり、

中には顔や体の皮膚全体が赤くなる人も居ます。

 

 

それは、アルコールを摂取する事により血流が良くなり、

体温が上昇するからなんです。

 

 

その現象が脱毛前後の肌に起こると、血行が促進された事により、

肌がいつも以上に刺激に対して敏感な状態になってしまいます。

 

 

普段なら何でも無かった施術でも、お酒を飲んだ後だと、

肌に赤みやかゆみが出たり、火傷しやすくなってしまったり、

または色素沈着を起こしてしまったりと、なにかとトラブルに繋がりやすくなるのです。

 

 

そういった理由から、ほとんどのサロンでは脱毛前後の飲酒は禁止としています。

 

 

もし午前中に脱毛の予約を取っていて、いざサロンに現れて二日酔いが

疑われるような状態であれば、その日の予約を取り消されてしまう事もあります。

 

そうなると、時間的にも金銭的にもムダになってしまいますよね。

 

 

サロンによってはキャンセル料が発生する所もありますので、

うっかりしていては後で後悔する事になります。

 

 

体内にアルコールが残っているようであれば、肌トラブルが起こりかねませんので、

サロン側も神経質になるという理由から、

どんなに本人が大丈夫だと言い張っても無駄なのです。

 

 

たとえ前日にお酒を飲んでしまったとして、それがバレなくても、

施術中のレーザーの痛みに耐えられなくて光の出力を下げねば

ならなくなる可能性もありますので、その結果、

思ったほどの脱毛効果が感じられなくなってしまいます。

 

 

そういった点からも、どんなにお酒が好きでも脱毛前は我慢するに

超した事は無いでしょう。

 

 

脱毛サロン等での施術の頻度はせいぜい2〜3ヶ月に1回ですので、

キレイな肌を確実に手に入れるのなら、

その前後だけでも禁酒されることが望ましいと言えます。

 

脱毛期間中は普段以上に肌をいたわってあげる

脱毛時にお酒が入った状態で、既に肌にトラブルが出てしまったのなら、

すぐにでも出来る対処法を試してみましょう。

 

 

赤くプツプツと肌の表面が荒れて熱を持っているようであれば、

濡れタオル等ですぐに冷やすなど、患部を冷ますことをお勧めします。

 

 

程度によっては火傷を起こしている可能性もありますので、

その疑いがある場合はすぐさま通っているサロン、若しくは皮膚科医に相談して下さい。

 

 

事前にそう言った状態を防ぐには、やはり脱毛前後にアルコールを摂らない事が

ベストですが、脱毛期間中は普段以上に肌をいたわってあげる事が必要です。

 

 

レーザー脱毛等では、毛穴を焼いてムダ毛が生えてくるのを抑えますので、

肌に熱を与える施術によって、肌の水分は奪われていきます。

 

 

ですので、ローションで水分補給し、水分を閉じ込める為にクリーム等で

しっかりとフタをしてあげると言う、基本の肌のケアが脱毛中は特に重要です。

 

 

脱毛時は目に見える以上に肌に負担がかかっていますので、

注意事項をしっかり守った上で、キレイな肌の為のスキンケアを行っていきましょう。