脱毛 副作用 不安

脱毛することによる副作用はないの?

脱毛と聞くと、「毛が無くなるまで毛穴にダメージを与えるなんて、副作用があるのでは?」

と、つい考えがちですよね。

 

今まで生えて来ていた毛が無くなる訳ですから、肌や体にそれだけの影響が出るのでは?

と思ってしまうのも、無理は無いでしょう。

 

 

結論から言いますと、レーザー脱毛や光脱毛が人体に害を与えることは、まずありません。

 

エステやクリニックで使われる脱毛機は、皮膚の表面から約3〜4ミリほどの深さまでにしか

届かないように作られていますので、脱毛のレーザー光線が骨や内蔵にまで届く事はありません。

 

よって、脱毛が体内にまで影響を及ぼす可能性はありませんので、安心して下さい。

 

 

レーザーや光による脱毛は、毛の毛根部分の黒い色素である「メラニン」に反応して、

毛穴部分にある毛の発生組織を破壊しますので、脱毛機の出力と施術が

正しく行われる限りは、肌への重大な悪影響は起こりません。

 

 

また、脱毛機のレーザーから出る光は、放射線や紫外線とは全く異なり、

赤外線に近いものですので、皮膚ガンの心配をする必要もまずありません。

 

 

ですので、脱毛が肌や体に重大な悪影響を与えるという事は、まず無いと言えます。

 

あえて副作用をあげてみると

しいて副作用と言えば、脱毛機の出力が強すぎた場合などに、火傷が起こる可能性は否定出来ません。

 

脱毛エステでも、クリニック等の医療機関でもこれは同じで、

脱毛機の出力を見極めるのはとても難しい技術です。

 

出力が弱すぎれば脱毛の効果を期待出来ませんし、反対に出力が強すぎれば、

先にもお話ししました通り、火傷などの肌トラブルが懸念されます。

 

もし万が一、火傷が起こった場合は、クリニックのような医療機関であれば、

直ちに正しい処置を行ってくれます。

 

エステであっても、すぐに対処出来るようしっかりとしたマニュアルを

各施術スタッフが心得ていますので、施術中に痛みを感じるときは我慢せず

正直に伝える事も大切です。

 

こういった脱毛による火傷が起こる確率は稀ですが、可能性があるという事は

念頭に入れておきましょう。

 

 

また、多くの人が脱毛後に経験する、肌の赤みやブツブツといった症状がありますが、

あえてそれを副作用と呼ぶのであれば、大抵の場合は2〜3日で治まる物ですので、

大きな心配いりません。

 

脱毛の仕組み自体が、熱エネルギーを肌に照射して毛根を打破する事ですから、

ある程度の熱が施術後に肌に残る事は避けられません。

 

それにより肌が赤くなったり、湿疹ができる可能性は多くの人にあります。

 

肌質によってその程度はかなり変わってきます。

 

ですので、もし酷い乾燥肌や敏感肌に日頃から悩まされている人、

もしくはアトピーやアレルギーと言った肌トラブルを日常的に抱えている人は、

事前に医療機関等で相談してから脱毛を決められると良いでしょう。